息子は…

November 10 [Thu], 2011, 15:05
世間で言うペットという認識ではなかった我が家の子
子供のできない私にとっては文字通り「息子」でした

私ね、お友達や知り合い
よそ様に赤ちゃんが出来ても全然羨ましくなかったの
だって私にはこの子がいたから
自分に子供がいるのに羨む人なんていないでしょ
私もそう
だから自分の事のように喜んで「おめでとう」と言えたの
そして家に戻り息子にこう言うの
「今日赤ちゃんに会ってきたよ、ZOOも早く人間になって」と

息子はね、ピノキオみたいにいつか人間になるかな
それとも化け猫になって人間の姿になるのかな
なんてどこか願ってた部分があったし
世の中には何がおこるかわかんないなんて夢みたいな事思っていた


…いい歳してね…ばかみたいでしょ


でもね、19年間育てた息子が死んでしまった哀しみ
もしこの子が猫でなく人間だったら?
そう置き換えて考えて頂いたらおわかりになられるかしら
20才前の息子が病気で死んだらどれだけ哀しいか
だからどうした、所詮猫、猫にしては長生きだったぢゃないか
そう思われる方も言われるかもしれない



…うん、わかってる


みんな心配してくれてる
大切な家族、お友達
それにたぶん旅立った息子も…


私が常日頃から言ってた事
息子は母がヘタレだから
心配だから長生きしてくれてるんだと
だってね
息子は本当に口うるさい姑みたいな子だったの

洗濯機が終了のピーピーがなって
私がPCやTV見ててすぐ行かないと
洗濯機の前で「おーい!」って怒るのよ
洗濯を干してたら後ろからずーと見てる
それで干し終えたらやっといなくなる


料理しててもそう
椅子の上からずーと見てる
まるで監督?監視されてるみたい

私がちゃんとしてるか見てるよう
誰かご先祖様がのりうつってるのかな?なんて思ってた


私が心配だから長生きしてくれたんだと思う
そして私の性格を知り尽くしてるから
病床にありながらも一時的によくなったんだと思うの

私のダメな性格というか短所
あぁ、あの時こうしていれば…
あれもしとけばよかった
これもしてやりたかった
そう、いつまでもくよくよ悩む性格
息子はそれをわかっていたから頑張ってくれたんぢゃないかな

食事を摂れなくなった息子に何か食べれるものを
そんな思いでケンタッキーや鯛、かます、秋刀魚、鯵、サーモン
息子の好きなものを買って少しでも
お願い、食べなきゃ死んでしまう!食欲を思い出して!
そんな思いで鼻先で食べ物の匂いをかがせ
そしたら少しずつだけど食欲が戻って
寝返りもできなかったのに少し腰が立つまで回復して
一番驚いたのはDrだった
この状態で食べれる、立てるなんて奇跡だと

亡くなる一週間前には大好きなケーキ屋さんの生クリーム
毎年お誕生日にはご馳走が一杯で
生クリームはスプー2杯ぐらいしか食べられないのに
あの日はもっともっととおねだり
結局山盛り6杯も食べて満足そうに私にチューをしてくれた
甘い香りのする可愛いチュー
…食べてくれた
買ってきてよかった
やってよかった
そんな幸せな想いを母に与えてくれた
私があれもしてやりたかった
これも食べさせてやりたかった
そう思わないよう、そう後悔しないように…


誰にもなつかなかったプライドの高い息子
友人が心配する中、子連れで主人にもらってもらった
「僕は世話はしないから」
そう言ってた主人だったのに
トイレの掃除や夕方のご飯やりは主人の仕事になった
私がお願いしたのではなく息子がそうしむけた
仕事部屋まで主人に言いに行くんだもん
でっかい声で「おーい!」ってね
いつの頃からか息子はお父さん子になった

息子はなんでも決まり事を作る
毎日同じ時間に同じ事をする、したい、しなきゃいけない性格
私の知らないうちに私の外出中にはおやつをもらうなんて決まりになってた
あんな大きな目で見つめられたら言う事聞いちゃうよね
あんなに目を細めて甘えられたら聞かないわけいかないよね
それでも無視してたらあんなでかい声で怒鳴られたら言う事聞いちゃうよね



今でもこうして涙しながらPCやってたら
いつものようにキッチンの方から
「おーい!」なんて声かけてくるような気がします


大丈夫、頑張るから

ただもう少し時間がかかるよ
死んだ子の歳を数える…たぶんそうなりそう…
それでも泣かない日が来るよう頑張るから

朝のお白湯やご飯やり
朝晩のお線香、お花の水をかえてやり
好きなかつおぶしも缶詰もお供えして…
たまにはお刺身、たまには焼き魚

今日もお骨や写真に話しかける


                 
  • URL:http://blog.maki-kaoru.com/archive/1160
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

訪問するもコメントを残せずごめんなさい
楽しい可愛い記事を読んでで癒されたい
そんな気持ちでの訪問でした
優しいお言葉をありがとうございます
November 29 [Tue], 2011, 20:11
ご訪問ありがとうございました(*^_^*)風邪を引いてしまいご訪問&コメント少しお休みさせて頂いてましたm(__)m
かおるさんのように動物も家族として命を考えてくれる方がもっともっと増えてくれればと願います!!
またいつでも遊びに来て下さいね(*^_^*)こころよりかおるさんの笑顔を願って
November 26 [Sat], 2011, 20:47
槙かおる(ハニー)>猫ムスメさんへ

初めまして
お優しい励ましのコメント
そして息子へのお声かけ、ありがとうございます
お返事が遅くなり申し訳ございませんでした

「家族」本当にそうですね
なくした哀しみはいつまでたっても癒えません
どうすればいいのだろうと嘆き哀しむ…
今は哀しくなったらお線香をあげ写真やお骨に話しかけています


皆さんにご心配頂き、少しずつ元気を取り戻せるよう頑張りますね

November 21 [Mon], 2011, 20:48
槙かおる(ハニー)>背黒シマネコさんへ

体調をお気遣い頂きましてありがとうございます
それなのにお返事が遅くなりごめんなさい

私などとは比べ物にならないぐらいの苦しいご病気なのに
こうして優しい言葉をかけて頂きふさいでる自分が恥ずかしいです
前庭神経炎、発症して一ヶ月が経ち、
家にいる時は普通に過ごせるようになりました
まだ車の運転は頭痛がするのでできませんが…

私もあれやこれやと大病をした後遺症があり
今は労わりつつ生活をしているところです

まずは心が元気を取り戻すよう頑張ります
背黒シマネコさんもどうぞご自愛下さいませね
いつもお声かけ、本当にありがとうございます

November 21 [Mon], 2011, 20:41
槙かおる(ハニー)>火の鳥さんへ

初めまして
暖かい励ましのコメントありがとうございます
お返事が遅れました事、大変すみませんでした

ご自身の哀しい別れをお話下さりありがとうございます
「家族」その言葉に救われた感じがします
そう、本当にそうなんですよね
私は一人息子と思い一緒に生活してきたから
どうにも心が哀しくて哀しくて、まだまだ涙が出てきます
時間がまだまだ必要ですね
あせらないでゆっくり…
無理に忘れる事ないし、忘れられるはずもなく…
今は心が折れてしまわぬよう必死でございます
主人と二人、毎日息子の話をして笑うようにしています

ブログ、拝見しました
コメントが書けずにごめんなさい
Booちゃんの記事、楽しみにしています
November 21 [Mon], 2011, 20:32
足あとありがとうございます(*^_^*)
お子様とのお別れ辛かったですね。
人とか動物(ニャンコ)だとか家族ってことに関係ないと思います
大切な大切な思い出が残ってます(*^_^*)時間がきっと少しづつ、お空からは息子ちゃまがそっと、悲しみから遠ざけてくれると思います。
息子ちゃまへ
たくさん頑張ったんだね。お空からママのこと頼んだよ☆☆☆
November 16 [Wed], 2011, 18:40
背黒シマネコ
 槇さん。
気温のアップダウンを繰り返しながら、季節は冬へ加速しています。
その後お加減はいかがですか?

食欲はありますか?睡眠はとれていますか?
めまいはどうでしょう?
槇さんと病名は違いますが、私もめまい持ちでなんです。
『メニエール病(症候群)』といい、過度のストレスが原因かもしれません。
症状は激しい回転性めまい。丸1日続くこともあり、激しい嘔吐と歩行困難。
1度発作が出ると、通常生活に戻れるまで、数か月かかります。
今現在は別の持病の薬の効果で安定していますが、小心者の私の心は大きな
ダメージを受けると再発すること必至です(泣

血流が悪くなる冬場に症状が重くなった経験があるので、槇さんが心配に
なりました。
めまいの発作の恐怖から、お家に引き込まれているのでは?
キッチンに立って火を使うことも、ためらっていませんか?
しばらくはご無理されないように、慎重に行動してください。

きちんとお薬を飲んでも、心身のストレスが邪魔をして急速な回復は難しい
病です。
でも回転性のめまいから、浮遊性のめまい、急な動作をした時のみ起こる
めまいへと段々症状は軽くなってくるはずです。
ご無理をされて、ふらつき転倒するなどの事故がないように、慎重に行動
してくださいね。

『メニエール』と違い『前庭神経症』は必ず完治するそうです。
心配しないで、きっと元気になりますから・・。
ご主人様とzooくんのチカラをもらって、ゆっくりと安心して養生してください。
長々失礼しました 





November 16 [Wed], 2011, 4:12
初めてお便りを書かせていただきます。
長年付き添った「家族」がいなくなる事は本当に辛い事ですね。多分未だに毎日、いつものドアから「ニャー(おはよう)」と。いつも時間になると「ニャー(ご飯ちょうだい)」と瞬間瞬間に場面を思い出している事でしょう。私のうちも20年以上生きていた始めの猫「チャチャ」が2年前に無くなった時。子供達含め家族全員で毎日交代で病院にお見舞いに通いました。最後は1度なおり、家に戻ってきて安らかに息を引き取りました。完成まで泣きながら、思い出の写真と音楽入れてDVDを作りました。1年間誰も見られませんでした。作った本人でさえ、見た瞬間に泣いてしまうので、すぐに止めてしまっていました。
そして今(2年後今年の7月)は、子供がやっぱり猫(家族)が欲しいと、マンチカン(ロシアンとのハーフ)をつれて帰りまして、全員でかわいがっています。こっちが遊んでもらっている感じです。それがBooちゃんです。たくさん思い出を作ろうと私が提案で始めました。
頑張ってくださいね。ZOOくんはいつもいつまでも一緒です。1度家族になったら永遠に家族です。
今度カテゴリー「チャチャ」も見てあげてください。短いですが抜粋した部分の紹介をしました。
ご家族へお悔やみ申し上げます。
November 14 [Mon], 2011, 23:32

Mayちゃんにも姫ちゃまにも可愛がって頂き
本当に息子は幸せな子でした
ありがとうございます

どれだけ一緒にいてももういいって事はないんだな〜と
それでも後悔しないよう一杯話しかけて一杯愛してあげて下さい

私はまだまだこうして涙が出て止まらない
自分がペットロス症候群と認めてからは少し気持ちが楽になりました
これからは息子がいないのを慣れるよう頑張るだけ

今日は白い薔薇を買ってお供えしました
毎週お花屋さんに行って白いお花を選ぶのも息子の為です

November 13 [Sun], 2011, 18:03
こんにちは。

かおるさんの記事を読み涙が止まらなくなりました。
昨日、次郎君のトリミングをしている時に
「もっともっと声をかけてあげなくちゃ・・」っと思いました。

私もZooくんのことは忘れません。
November 13 [Sun], 2011, 13:27

モリー様もお子さんがいらっしゃらなかったのですね
すばらしい活動をされていらっしゃり
ご主人様もお優しい方で
マリア様のような方だとブログを読んで感じておりました
その始まりはそうような哀しい別れがあったからなのですね

私はまだまだヘタレで、気持ちの整理の為にとブログに書いてみて
そして皆様からのコメントにお返事をさせてもらい
やっと今日、自分がペットロス症候群であるのだと認識しました
主人に話すと「しょうがないよ」と
四十九日法要をし、百日法要をし…
少しずつ少しずつ息子がいない生活を受け入れ
泣かない日がくるまでもう少しかかりますね

モリー様のようにマリア様になる日は来ないかもしれませんが
人の幸せを素直に喜ぶ大切さは忘れずにいたいと思います

他頭飼いという言葉は失礼だと思いますのであえて「大家族」
子供の多さは大変さも多いとは思いますが
幸せもその分多いのでしょう
モリー様の優しいブログを読ませて頂くと心が和みます
コメントありがとうございました

November 11 [Fri], 2011, 21:50
私も子供がいません・・

でも友達に孫が出来たり、友達の子供の結婚式に出られたり・・

ほんとうに嬉しいです・・

私が流産した時に生まれたのがミミソタロウとクロコでした・・

寝込んでるベッドで出産したチビチョ・・

まだ幼かったチビチョの出産を手伝って・・

へその緒を切ってあげて・・

自分の子供は生まれる事はできませんでしたが・・

生まれ変わりのように・・

そのミソタロウが、クロコが、同じ年に18歳、母猫のチビチョが19歳の人生を

閉じました・・・

毎日・・夜になるとやっぱり悲しくて泣いてばかり・・

次々と病気の猫を拾って・・・

こんな大家族・・

きっとペットロスだったんでしょね・・

だから・・・

人から見たらおバカなねこおばさんですが・・・

リビング・寝室にお骨が置いてある・・

変人かもしれませんね・・

でも間違いなくこの子達は私のかけがえの無い子供でした・・
November 11 [Fri], 2011, 20:08

暖かいお言葉ありがとうございます
そして私の気持ちを代弁して頂いたようなお言葉
まさにそのとおりです
子猫を飼う?そんな何を言ってるの???
息子の代わりなんてどこにもいやしない
天国ってどこ?
自分自身を落ち着かせる為にそう思おうとしているだけ
一応大人だから、心配してくれる方々もいるし

ここに一緒にいたい
ここで一緒に暮らしたい

…そんな事を大きな声で言ったらペットロス症候群と言われるでしょう
実際に私は葬儀の二日後にひどいめまいにおそわれ
前庭神経炎と診断されました
お恥ずかしい話です
でもこれが現状なのです

息子とは親よりも長く生活していました
赤ちゃんから子供、そして大人になるまで躾をしたり
時には叱り時には褒め、または笑い
この19年という年月は思い出が多すぎます

どんな時も私だけを待っていてくれた息子
出かける時には必ず「待っといてね」と声をかけた

こうしてお返事を書いている今でも涙が出ます
背黒シマネコ様が「泣いていい」そう言って下さったのが心が軽くなりました
私の体調までお気遣い頂きましてありがとうございます
どうぞこれからもヘタレな私とお付合いして下さいませ
宜しくお願い致します


November 11 [Fri], 2011, 18:25

初めまして
闘病日記から今迄の記事を読んで下さりありがとうございます
そして貴重なお話をお聞かせ頂きありがとうございます


同じ気持ちの方がいらっしゃるのを聞いて嬉しいです
そうですよね、家族と一緒
子供が死んだからといって養子を迎えるなんて
犬や猫ぢゃあるまいし…
あっ、猫でした
でもそういう気持ちなのです
人間とか動物とかそういう次元ではみていない
それは同じように接した者でなければわからない事だと思います

お母様にとって恋人だった「彼」
すてきなお話をお聞かせ頂きましてありがとうございました
November 11 [Fri], 2011, 18:06

子供はあまり好きではなかった息子
一定の距離を保ちつつ…
愛想のない子でごめんなさいね(苦笑)

73ちゃんからのプレゼントのお昼寝クッションは
とても気に入ったようで窓際でぽかぽか昼寝してましたね〜
可愛がって頂きましてありがとうございました
そしてお見舞いして頂きありがとうございました

November 11 [Fri], 2011, 17:58

若い頃=子猫の頃って事かな?
嘘のようなほんとの話
私さ、カメラ持ってなかったのよ
今では携帯にもカメラがついてるけど
ZOOが子供の頃の19年前にはデジカメなんてなくてさ
フィルムカメラかインスタントカメラ(なつかしい)
そんなこんなで子猫の時の写真はなし
1歳過ぎたら大人だからね〜

主人も事あるごとに息子の話をしています
我が家にはここもあそこも息子の思い出ばかり…
November 11 [Fri], 2011, 17:54
背黒シマネコ
槇さん。

もうひとりの私が書いている・・そんな気持ちになるくらい共感・共感です。
そうですね。わかります。
「たかが猫、ペットじゃないか」って苦笑する人もいるかも知れません。
「小さな生き物だもん、ヒトより寿命は短いんだから」
「あの子は天国で暮らしてるの。気持ちが落ち着いたら、また仔猫を飼えばいいよ」
私も経験しましたよ。
案じてくれた人の慰めの言葉ですが、残念ながら慰めにはなりませんでした。

姿かたちは何であれ、お腹を痛めて産んだ子ではないけれど、子どもだと思ったら
子どもなんです。
誰が何といっても、その親子・家族にだけしか理解できない深い絆があるのですよね。
共に暮らした生活が長ければ長いほど、思い出もいっぱいあって、お互いが一心同体
のような気がして・・。
長年連れ添った夫婦や肉親との別離と同じです。

哀しさや寂しさはずっと抱えこんでしまうでしょう。
まだまだ声をあげて泣いても良いと思うのです。
でも大丈夫。時間が槇さんを救ってくれます。
zooくんへの愛おしい気持ちが、槇さんを一層強く優しくしてくれるはずですから。

ご心痛の時は身体の抵抗力もありません。
お好きなものを食べて、温かいお風呂で癒してくださいね
November 11 [Fri], 2011, 5:34
S
初めてコメントさせて頂きます。

息子さんの闘病から今まで、一気に読ませて頂きました。

2年前に亡くなった、うちの猫の事を思い出してしまいました。

彼は母にとって、恋人でした。
とにかく母にベッタリで、母の車のエンジン音を聞き分けられて、帰宅時には玄関でお出迎え。
父親には嫉妬するし、新聞の集金屋のオジサンと母が立ち話をしようものなら、大声で鳴いて邪魔をする…。


だから、槙さんのZOOくんに対する気持ち、母ならきっと私以上に理解するでしょう。

うちのコは13歳でしたが、母は槙さんのように、『化け猫になって…』と話しています。
お骨も祭壇にあり、いつか母が亡くなった時に一緒のお墓に納骨してほしいと…。

周りにはバカにする人もいますが、私も母も、彼に人間と変わらぬ態度で接し、愛してきました。
(今も変わらず…)

母は未だに彼を愛し、決して次のコを…とは言いません。


何年かかっても忘れられないのは仕方のない事。
むしろ、忘れられるはずがないと思っています。

きっとZOOくんも、うちのコも…虹の橋の向こう側で、私たちの事を見てくれていると思います。
(向こうで出会って、お互いの母・恋人自慢をしているかも…)

長々と失礼しました。
November 11 [Fri], 2011, 1:45
私たちが遊びに行くとまず、マメを無言で見つめ
マメが近づくとぷいっと歩き出す。
ある程度の距離を保つ姿はとても貫禄がありましたよね。
ZOOのこと知ってるようで知らないことたくさんありますね。
泣きたいときはいっぱい泣いて。
思い出、少しづつ分けてください。
November 10 [Thu], 2011, 23:06
ZOOくんの若い頃も見てみたいなぁ〜

パパリンの枕になってる写真、可愛いねぇ。

パパリンも寂しかろうね…。。
November 10 [Thu], 2011, 20:28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:槙かおる(ハニー)
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
料理は「ときめきと感動」
そして「ひと手間」をテーマに
料理には様々な思い出がある…
子供の頃に食べた料理、作った想い出
誰かと一緒に食べた想い出
割烹旅館に生まれ、幼き頃より瀬戸内の祖父母の家で新鮮な魚で育ち、祖母に教わったお袋の味と、家業のおもてなしの味を受け継ぐ
料理で「ときめきと感動」
「ひと手間」の大切さをお伝え出来ればと思います
料理家/資格、調理師
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ブログ内検索できます
レシピの検索にもどうぞ
例「唐揚げ」など
powered by レシピブログ

クックパッド



コンテスト受賞/メディア掲載

2016/7月
クックパッドmagazine!
「簡単おかず」BEST50



2016/5月
クックパッドmagazine!
かさまし食材で
ボリューム満点レシピ



2016/3月
cookpad
クックパッドのおいしい
厳選!作りおきサラダ



2015/秋
cookpad
クックパッドのおいしい
厳選!お持ちよりレシピ



2015/秋
レシピブログmagazine
部門別総合
人気のおかずランキング



2015/秋
cookpad殿堂入りレシピも大公開!
クックパッドの大人気お菓子108



2015/秋
coopad✕オレンジページ


2015/秋
クックパッド
トースト&サンドイッチ


2015/夏
レシピブログ/メイソンジャー


2015/5/20
SAPPOROバカルディカンタン大人カクテルレシピコンテスト
【バカルディ大人のフルーツポンチサングリア】受賞



cookpad✕オレンジページ
イチオシ晩ごはん献立
Cpicon 味付けは塩昆布だけ!
ツナと小松菜のパスタ
掲載



cookpad殿堂入りレシピも大公開!クックパッドの大人気おかず108
Cpicon おばぁちゃん直伝!
簡単&絶品カキフライ
掲載



2014/11/27
クックパッドアワード2014
クリスマス女子会部門
☆グランプリ受賞☆

Cpicon 食べる度に味が変わる!?
七変化春巻き by 槙かおる



2014/Winter
レシピブログmagazine冬号



2014/11/20
レシピブログ 5分でもう1品
野菜のおかず掲載



2014/11/2
COOKPAD×コープデリ
コンテスト☆グランプリ受賞

食卓が笑顔になる
我が家のどんぶりレシピ1位
Cpicon 野菜たっぷり食べられる!ローストビーフ丼




2014/11/10発売
My Favorite BLEAKFAST掲載



2014/9/23
COOKPAD×コープデリ
コンテスト☆グランプリ受賞

食卓が笑顔になる
我が家の朝食レシピ1位
Cpicon 和風おーぷんさんど


2014/10/20発売
@バンチ掲載



2014/9月
レシピブログmagazine 人気のおかずランキング100掲載



2014/9/1
クックパッド人気レシピエールたちのご自慢レシピ108掲載


2014/5/23
Nadia母の日メニューレシピコンテスト
グランプリ受賞
「カフェ風♪ごちそうマフィン」



2014/5/20
ヤマサ昆布つゆで大盛りダイエットレシピコンテスト
みんなに人気の 料理写真&レシピ賞グランプリ1位受賞
「簡単にボリュームたっぷりな鶏汁つけうどん」



2014/3/20
サントリーフルブラ掲載
お友達のオリジナルレシピ
期間限定!青ゆず香る初秋のフルーツブランデー



2014/3/20
サントリーフルブラ掲載
お友達のオリジナルレシピ
柚子ブラトニック



2014/3/20
サントリーフルブラ掲載
お友達のオリジナルレシピ
柚子ブラ香る、肉きのこ炒め



2014/3/20
サントリーフルブラ掲載
お友達のオリジナルレシピ
二十世紀梨とパートレット和洋W梨のフルブラ



2014/3/20
サントリーフルブラ掲載
お友達のオリジナルレシピ
和洋W梨のブランデージンジャーカクテル



2014/3/20
サントリーフルブラ掲載
お友達のオリジナルレシピ
和洋W梨のフルブラピッツァ



2014/3/5
日経ウーマンオンライン掲載
缶詰を使ったラクラク絶品おかず企画
「ホタテ缶詰で作る、おしゃれ大根サラダ」



2014/1月
COOKPAD健康レシピ掲載
糖尿病と血糖値・HbA1cが気になる方の食事
Cpicon 秋鮭ときのこと厚揚げのしょうゆ香り焼き



2014/1月
ハウス×レシピブログ
スペシャルコラボ
お料理ブロガーさんのスパイスレシピ「旬のレシピ」
リーフレット掲載
「魚焼きグリルでカキとほうれん草のグラタン」





2014/1月
クックパッド
専門家厳選レシピ
美容・ダイエット・冬美人掲載
Cpicon 簡単!おばぁちゃんの味・かれいの煮付け by 槙かおる



2013/12/19〜2014/2/28
Yahoo! JAPAN
パソコン版ページ
冬のウィルス対策特集掲載
「おしゃれぶり大根」



2013/12/21
テレビ朝日系列
世界にひとつミラクルレシピ出演
番組認定公式ミラクルレシピ
「宝箱ビフカツ」




「きのこ汁」



2013/12/19
Yahoo! JAPAN
パソコン版ページ
「牛丼の具(素)で肉たっぷり簡単チヂミ」



2013/12/16
NHK、BSプレミアム
「写ねーる」出演
「想い出のでかでかミルフィーユロールキャベツ」





2013/12/13
サントリー×レシピブログ
秋の自家製フルーツブランデーレシピコンテスト
飲んでおいしい部門賞受賞



2013/12月
クックパッド&Asahiスーパードライブラック
レシピリーフレット採用
「鶏ささみのカレー&バジル風味サンドカツ」



2013/11/28
宇佐市主催「料理長が選ぶ!宇佐ゆずオーディション」
☆ゆず賞受賞☆
「ちきんぐりるオリーブオイル&ゆずごしょうソースをかけて」



2013/11/23
武蔵野商工会主催
Musashinoごちそうフェスタ
武蔵野地粉うどん
レシピコンテスト
<西武しんきん賞>
「武蔵野地粉で
牛ときのこの汁つけうどん」



2013/11/14
NHKみんなのきょうの料理
キッコーマン生しょうゆ
レシピコンテスト2013
<第1位受賞>
「とろ〜り半熟煮たまご」



2013/11月
クックパッド&サラダクラブ企画
レシピリーフレット採用
「W大根!たくわんぽりぽり海鮮サラダ」



2013/10月23日
クックパッド掲載
専門家厳選健康レシピ
<糖尿病の方向け>
「ごちそう海鮮サラダ」



2013/10/28
Asahiスーパードライ
ドライブラックに合う
おつまみレシピコンテスト
スーパードライグランプリ
ドライブラック賞☆受賞
「鶏ささみのカレー&バジル風味サンドカツ」



2013/8/28
Yahoo! JAPAN
トップページ掲載
「ホタテ缶詰で作る、おしゃれ大根サラダ



2013/8/8
サントリーフルーツブランデー
ホームページ掲載
「完熟生パイナップルでフルブラ」


2013/8/8
サントリーフルーツブランデー
ホームページ掲載
「フルーツブランデー漬けパインのカクテル」


2013/8/8
サントリーフルーツブランデー
ホームページ掲載
「完熟生パイナップルフルブラで作る、やわらかスペアリブのグリル焼き」



2013/8/5
サラダクラブ主催
アレンジレシピコンテスト
アレンジ前菜&副菜賞☆受賞
「W大根!たくわんぽりぽり海鮮サラダ」



2013/6月
NTT「ひかりサイネージ」
レシピ掲載
「きゅうりとしらす新玉葱のあっさり和え」



2013/6月
サントリー春の自家製フルーツブランデーレシピコンテスト
フード&スイーツ部門優秀賞
「完熟生パイナップルフルブラで作る、やわらかスペアリブのグリル焼き」



2013/5/8
レシピブログ主催
春色ごはんコンテスト
「毎日おかず部門」受賞
「春の旬菜、
菜の花と筍のあさり仕立て」



2013/3/9発売
「のこそう、お母さんの味」掲載
「簡単!おばぁちゃんの味・かれいの煮付け」



2013/3月
クックパッド&ユニーコラボ企画
レシピリーフレット採用
「デパ地下風エビとブロッコリーと玉子サラダ」



2013/3/4
「こんだてスタイリストインタビュー」HP掲載



2013/2/6
フジテレビ系列
ノンストップ!テレビ出演
ESSE web掲載
「鶏肉ときのこの味噌チーズ焼き」



2013/1/9
日経ウーマンオンライン掲載
正月太り解消!
糖質オフレシピ企画
「ほうりこめ汁on the豆腐」



2012/12/5発売
「花のズボラ飯公式レシピ」掲載
「野沢菜納豆ご飯」



2012/9/26
日経ウーマンオンライン掲載
秋の味覚「キノコ」レシピで
お通じ改善企画
「きのこカレー」



2007/11/9
朝時間.jp掲載
「じゃこ飯となんちゃって冷や汁で朝ご飯」






2007/11/1
味の素(株)HP掲載
「コクうまマヨでエビとゴーヤのホットサラダ」



2007/9/26発売
「お料理好きさんたちが気がつけば何度も作っている定番レシピ157」掲載
「ホタルイカとクレソンの和風ペペロンチーノ」



2007/5/16
朝時間.jp掲載
「豆乳汁で朝ご飯」



2007/1/25
河合塾HP掲載
受験生応援夜食レシピ
「白菜と豚肉の重ね鍋」洋風バージョン